出版物  >  書籍・研究年報  >  都市と文化


大阪の文化状況に焦点をあて、研究年報『都市と文化』を発刊しました。

今日求められている創造都市に向けた文化・芸術の取り組みを『病める巨大都市・大阪』を社会包摂する『草の根のアートの力』・『大阪文化の現代的諸相』を様々な視点から論じました。

大阪府や市町村における文化行政の実態と照らし合わせて、是非ともご購読いただきたい一冊です。
お申し込みは研究所・事務局まで。


 『都市と文化』の目次(敬称略)

第1部

  1. 「創造都市と社会包摂」佐々木雅幸
  2. 創造的対話・会話〜コミュニケーションと創造性」嶋田崇彦
  3. 「自治体文化行政からの『公共文化施設(劇場・音楽堂等)の役割』」荒起一夫

第2部

  1. 「文化行政」金森重裕
  2. 「文化産業による大阪の活性化」森脇宏
  3. 日本センチュリー交響楽団の今後のあり方」坂倉健・戸田由美
  4. 大阪国際児童文学館の廃館問題を考える
    −子どもの本の殿堂の喪失を通して未来への責任を問う−」正置友子
  5. サントリーミュージアム『天保山』の閉館」植木啓子
  6. 『アートとまち』の関係をさぐる−アートNPOの活動から−」上田假奈代
  7. 「都市と子どもと文化」松本則子
  8. 「成熟の落日社会」今中博之

【税込:1200円】

プリンタ用画面
前
大阪大都市圏の再生 〜自治・くらし・環境〜
カテゴリートップ
書籍・研究年報
次
緊急書き下ろし出版 『原発になお地域の未来を託せるか』

コンテンツ
大阪自治体問題研究所

一般社団法人
大阪自治体問題研究所

〒530-0041
大阪市北区天神橋
1-13-15
大阪グリーン会館5F

TEL 06-6354-7220
FAX 06-6354-7228

入会のお誘い

あなたも研究所の会員になりませんか

詳しくは、入会のお誘いをご覧ください。

「案内リーフレット兼入会申込書」(PDF)

機関誌

「おおさかの住民と自治」

おおさかの住民と自治
書籍紹介

初歩からわかる「総合区・特別区・合区」

>>詳細

地方自治の再発見 不安と混迷の時代に

>>詳細

新しい国保のしくみと財政

>>詳細

これでもやるの?大阪カジノ万博

>>詳細

人口減少と公共施設の展望

>>詳細

リニア中央新幹線に未来はあるか

>>詳細

公共施設の再編を問う

>>詳細

企業誘致の闇

>>詳細

2015秋から 大阪の都市政策を問う

>>詳細

『自治・平和・環境』

>>詳細

「雇用・くらし・教育再生の道―大阪都構想・カジノからの転換」

>>詳細

「橋下さん!市民の財産を売りとばすんですか―大阪の水・地下鉄・病院のあり方を 考える」

>>詳細