出版物  >  書籍・研究年報  >  「世代をむすぶ 岸和田再発見」(第12次岸和田市政白書)

岸和田市職員労働組合と大阪自治体問題研究所との共同研究会の成果として10月中旬に発刊しました。今回で第12次を数える「岸和田市政白書」は、住民団体や経済団体、行政担当者らからの聴き取り調査を重視するとともに、子どもと女性に視点を置いて、市政を分析、市民が望む市政について提言しました。

人々の生活条件が整った総合生活都市とでも呼べるような、そしてその中で多様な生き方を可能とする条件が岸和田市にはある。それを「再発見」し、地域で共同し世代間で支えあう岸和田市をつくろう、との思いで刊行しました。

頒価は、税込み1000円。購読希望者は大阪自治体問題研究所又は岸和田市職員労働組合まで。

プリンタ用画面
前
「橋下さん!市民の財産を売りとばすんですか―大阪の水・地下鉄・病院のあり方を考える」
カテゴリートップ
書籍・研究年報
次
「みんなつながれ笑顔の松原―松原市政白書パートIV」を出版

コンテンツ
大阪自治体問題研究所

一般社団法人
大阪自治体問題研究所

〒530-0041
大阪市北区天神橋
1-13-15
大阪グリーン会館5F

TEL 06-6354-7220
FAX 06-6354-7228

入会のお誘い

あなたも研究所の会員になりませんか

詳しくは、入会のお誘いをご覧ください。

「案内リーフレット兼入会申込書」(PDF)

機関誌

「おおさかの住民と自治」

おおさかの住民と自治
書籍紹介

初歩からわかる「総合区・特別区・合区」

>>詳細

地方自治の再発見 不安と混迷の時代に

>>詳細

新しい国保のしくみと財政

>>詳細

これでもやるの?大阪カジノ万博

>>詳細

人口減少と公共施設の展望

>>詳細

リニア中央新幹線に未来はあるか

>>詳細

公共施設の再編を問う

>>詳細

企業誘致の闇

>>詳細

2015秋から 大阪の都市政策を問う

>>詳細

『自治・平和・環境』

>>詳細

「雇用・くらし・教育再生の道―大阪都構想・カジノからの転換」

>>詳細

「橋下さん!市民の財産を売りとばすんですか―大阪の水・地下鉄・病院のあり方を 考える」

>>詳細