出版物  >  書籍・研究年報  >  「橋下さん!市民の財産を売りとばすんですか―大阪の水・地下鉄・病院のあり方を考える」

・橋下「維新の会」による水道事業、地下鉄・市バス、市民病院などの公営企業の廃止・民営化が進められようとしています。

その一方で、地下鉄・市バス民営化では2度の継続審議に追い込むなど、反対の取り組みもすすんでいます。また、9月29日投開票の堺市長選挙では、竹山氏が維新の会の候補を大差で破り、大阪都構想反対の世論や橋下「維新の会」の退潮を加速される状況を作り出しました。

このような新しい状況の下で、橋下「維新の会」の悪政にストップをかけ、水・地下鉄・病院など市民生活に欠かせないライフラインを守る取り組みをさらに発展させるため、その課題と展望を、わかりやすく解明した待望の書です。

頒価は、税込み1000円。購読希望者は大阪自治体問題研究所又は書店まで。


プリンタ用画面
前
ブックレット『地域や暮らしはどうなる?大阪都構想を考える』
カテゴリートップ
書籍・研究年報
次
「世代をむすぶ 岸和田再発見」(第12次岸和田市政白書)

コンテンツ
大阪自治体問題研究所

一般社団法人
大阪自治体問題研究所

〒530-0041
大阪市北区天神橋
1-13-15
大阪グリーン会館5F

TEL 06-6354-7220
FAX 06-6354-7228

入会のお誘い

あなたも研究所の会員になりませんか

詳しくは、入会のお誘いをご覧ください。

「案内リーフレット兼入会申込書」(PDF)

機関誌

「おおさかの住民と自治」

おおさかの住民と自治
書籍紹介

初歩からわかる「総合区・特別区・合区」

>>詳細

地方自治の再発見 不安と混迷の時代に

>>詳細

新しい国保のしくみと財政

>>詳細

これでもやるの?大阪カジノ万博

>>詳細

人口減少と公共施設の展望

>>詳細

リニア中央新幹線に未来はあるか

>>詳細

公共施設の再編を問う

>>詳細

企業誘致の闇

>>詳細

2015秋から 大阪の都市政策を問う

>>詳細

『自治・平和・環境』

>>詳細

「雇用・くらし・教育再生の道―大阪都構想・カジノからの転換」

>>詳細

「橋下さん!市民の財産を売りとばすんですか―大阪の水・地下鉄・病院のあり方を 考える」

>>詳細