出版物  >  月刊誌(おおさかの住民と自治)  >  「おおさかの住民と自治」紙面刷新のご挨拶

「おおさかの住民と自治」紙面刷新のご挨拶

2000年8月
「おおさかの住民と自治」編集委員会

 日頃は、『おおさかの住民と自治』に対するご愛顧・ご協力を賜り、誠にありがとうございます。
 さて、これまで編集委員会におきまして、『おおさかの住民と自治』の紙面をより一層読者の皆様にとって身近で面白いものにする検討を行ってまいりましたところですが、今年度4月の編集委員会において、「『おおさかの住民と自治』の編集はどうあるべきか」「『住民と自治』との関係はどう考えるべさか」「読者とのつながりをどのように創り出していくか」などの、本誌の意義の根幹に関わるところから議論を集中的に行いました。
 そして、編集委員会の合意として、下記のような編集方針と具体的改善をはかることにしました。

●編集方針
1.「自治体とは何か」を常に問う。
2.読者にとって 『おおさかの住民と自治』がより身近になるようにする。
3.大阪自治体問題研究所の取り組みを積極的に紹介していく。
4.住民と自治体との架け橋になる。
5.自治体労働者が働きやすい人間的な自治体の職場づくりを目指す。

●具体的改善策
1.『おおさかの住民と自治』の制作に対して多くの読者の方に参加していただけるように、ハガキ・FAX送信票を添付し、さらにご意見等を紹介する「読者の広場」を紙面の最初の方に設ける。
2.大阪自治体問題研究所で行われている様々な活動(大阪自治体学校や研究会など)の紹介・宣伝を恒常的に行う。
3.大阪の動さを知るうえで不可欠な情報を紹介していく。
4.自治体の職場内で発生している問題についても随時発表できるようにする。

 今月の特集号から、この編集方針と具体的改善策に基づいて『おおさかの住民と自治』の編集を行っております。これらの内容はけっして確固としたものではなく、読者の皆様との対話を重ねるなかで、今後もより一層の紙面改善をはかっていく所存です。
 私ども編集委員会の想いが皆様に十分伝わることを願いつつ、ご挨拶とさせていただきたいと存じます。

プリンタ用画面
前
地方分権と草の根民主主義の発展にむけて ―『おおさかの住民と自治』誌 第300号を記念する―
カテゴリートップ
月刊誌(おおさかの住民と自治)

コンテンツ
大阪自治体問題研究所

一般社団法人
大阪自治体問題研究所

〒530-0041
大阪市北区天神橋
1-13-15
大阪グリーン会館5F

TEL 06-6354-7220
FAX 06-6354-7228

入会のお誘い

あなたも研究所の会員になりませんか

詳しくは、入会のお誘いをご覧ください。

「案内リーフレット兼入会申込書」(PDF)

機関誌

「おおさかの住民と自治」

おおさかの住民と自治
書籍紹介

初歩からわかる「総合区・特別区・合区」

>>詳細

地方自治の再発見 不安と混迷の時代に

>>詳細

新しい国保のしくみと財政

>>詳細

これでもやるの?大阪カジノ万博

>>詳細

人口減少と公共施設の展望

>>詳細

リニア中央新幹線に未来はあるか

>>詳細

公共施設の再編を問う

>>詳細

企業誘致の闇

>>詳細

2015秋から 大阪の都市政策を問う

>>詳細

『自治・平和・環境』

>>詳細

「雇用・くらし・教育再生の道―大阪都構想・カジノからの転換」

>>詳細

「橋下さん!市民の財産を売りとばすんですか―大阪の水・地下鉄・病院のあり方を 考える」

>>詳細