研究会・調査活動  >  活動報告  >  地方分権一括法案・緊急学習会

地方分権一括法案・緊急学習会

主催:(社)大阪自治体問題研究所/大阪自治体労働組合総連合

学習会の写真1 成立が強行されている分権一括法案の緊急学習会が99年6月3日、府立労働センターで開催され、予想を上回る200名が参加し、会場が満杯となりました。

 ガイドライン関連法、いわゆる盗聴法など悪法がつぎつぎと国会で強行されているなかで、分権一括法案も十分な審議もなしに、四七五本の関連法が改正が強行されようとしています。

 開会あいさつに立った大阪自治労連の徳畑委員長は、分権の理念が当初より大さく後退し、一括法案は地方統制の側面が強まっていることを指摘。このような法案の内容と問題点を深くつかみ、民主的地方自治の確立のために、下からの運動を大きくつくりあげることが重要であることを強調しました。学習会の写真2

 重森暁理事長が「地方分権 これからどうするか」というテーマで問題提起を、芝池義一京都大学教授が「地方自治法改正法案の検討」を、森裕之・大阪教育大学助教授が「分権一括法案と自治体財政」を、それぞれ報告を行いました。

上記、行事での当日配布のレジュメ・資料等、及び報告集等について必要な方は、(社)大阪自治体問題研究所までお問い合わせください。

ただし、残部数の関係でご希望に添えない場合もあります。また有償によるものもありますので、ご承知おきください。
プリンタ用画面
前
(社)大阪自治体問題研究所 第26回定期総会
カテゴリートップ
活動報告

コンテンツ
大阪自治体問題研究所

一般社団法人
大阪自治体問題研究所

〒530-0041
大阪市北区天神橋
1-13-15
大阪グリーン会館5F

TEL 06-6354-7220
FAX 06-6354-7228

入会のお誘い

あなたも研究所の会員になりませんか

詳しくは、入会のお誘いをご覧ください。

「案内リーフレット兼入会申込書」(PDF)

機関誌

「おおさかの住民と自治」

おおさかの住民と自治
書籍紹介

初歩からわかる「総合区・特別区・合区」

>>詳細

地方自治の再発見 不安と混迷の時代に

>>詳細

新しい国保のしくみと財政

>>詳細

これでもやるの?大阪カジノ万博

>>詳細

人口減少と公共施設の展望

>>詳細

リニア中央新幹線に未来はあるか

>>詳細

公共施設の再編を問う

>>詳細

企業誘致の闇

>>詳細

2015秋から 大阪の都市政策を問う

>>詳細

『自治・平和・環境』

>>詳細

「雇用・くらし・教育再生の道―大阪都構想・カジノからの転換」

>>詳細

「橋下さん!市民の財産を売りとばすんですか―大阪の水・地下鉄・病院のあり方を 考える」

>>詳細