出版物  >  書籍・研究年報  >  しのびよる財政破綻 ― どう打開するか 大阪衛星都市にみるその実相

しのびよる財政破綻 ― どう打開するか
  大阪衛星都市にみるその実相

しのびよる財政破綻の表紙  
発行 自治体研究社
2000年11月1日 初版 第1刷発行
定価 本体1600円+税

編集者  重森 曉・都市財政研究会
企画編集 大阪自治体問題研究所
     大阪自治体労働組合総連合

はしがき   森 裕之(大阪教育大学助教授)
第1章 衛星都市財政の危機と打開への道 重森 曉(大阪経済大学教授)
第2章 衛星都市財政の諸相  
 I 居住型都市・枚方市の財政危機 片岡 博明(枚方市職員労働組合)
 II 豊かな街・豊中市の「財政非常事態宣言」 谷辺 浩幸(豊中市職員労働組合)
 III 市民参加による計画的財政運営を―― 吹田市 近藤 均(吹田市職員労働組合)
 IV 住み続けられる町・高槻市へ 篠田 広明・松村 孝彰(高槻市役所労働組合) 
 V 遺跡とため池の街・藤井寺市の行財政 中町 裕一(藤井寺市職員労働組合)
 VI 不安要因を残す「積極財政」―― 羽曳野市 富田 直哉(羽曳野市職員労働組合)
 VII 国の財政誘導策と堅実財政の変貌―― 岸和田市 佃 孝三(岸和田市職員労働組合)
 VIII 関西空港依存の開発と急転直下型財政危機―― 泉佐野市 高道 一郎(泉佐野市職員労働組合)
 IX 産業都市・門真市にしのびよる財政危機 延永 良三(門真市職員労働組合)
 X 守口市における地域経済活性化と財政再見への課題 吉田 忠正(守口市職員労働組合)
第3章 財政分析のための情報収集・公開・共有 黒田 充(大阪自治体問題研究所)
あとがき   後藤田 弘(大阪自治体組合総連合)

 

プリンタ用画面
前
羽曳野まちづくり白書 みどり・福祉・自治のまちへ
カテゴリートップ
書籍・研究年報
次
公立保育所の民営化 ―どこが問題か―

コンテンツ
大阪自治体問題研究所

一般社団法人
大阪自治体問題研究所

〒530-0041
大阪市北区天神橋
1-13-15
大阪グリーン会館5F

TEL 06-6354-7220
FAX 06-6354-7228

入会のお誘い

あなたも研究所の会員になりませんか

詳しくは、入会のお誘いをご覧ください。

「案内リーフレット兼入会申込書」(PDF)

機関誌

「おおさかの住民と自治」

おおさかの住民と自治
書籍紹介

初歩からわかる「総合区・特別区・合区」

>>詳細

地方自治の再発見 不安と混迷の時代に

>>詳細

新しい国保のしくみと財政

>>詳細

これでもやるの?大阪カジノ万博

>>詳細

人口減少と公共施設の展望

>>詳細

リニア中央新幹線に未来はあるか

>>詳細

公共施設の再編を問う

>>詳細

企業誘致の闇

>>詳細

2015秋から 大阪の都市政策を問う

>>詳細

『自治・平和・環境』

>>詳細

「雇用・くらし・教育再生の道―大阪都構想・カジノからの転換」

>>詳細

「橋下さん!市民の財産を売りとばすんですか―大阪の水・地下鉄・病院のあり方を 考える」

>>詳細