出版物  >  書籍・研究年報  >  ブックレット『2015秋から 大阪の都市政策を問う』を出版 [2015.10.15]

 いよいよ11月22日が大阪府知事・大阪市長のダブル選挙です。

 橋下大阪市長は、「2重行政解消・都構想のバージョンアップを掲げて戦いたい」と言っています。この問題は、5月17日の住民投票で、大阪市民が示した良識でそでに決着済です。民意をないがしろにする維新政治と今度こそ決別する絶好のチャンスです。9月に発行したブックレット『2015秋から 大阪の都市政策を問う』は、ダブル選挙に問われる都市政策を提案しています。ぜひご購読ください。

序章 大阪の都市政策を考える ー国際的歴史的な教訓からー・・・・・・ 宮本憲一

1.大都市をどう再生させたか ニューヨーク市の財政危機と住民参加による再生
2.戦後大阪政策の検討
3.維持可能な内発的発展 都市格のある街を

第1章 住民投票から見えたこと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 冨田宏治

1.賛成票をどう見るか
2.反対票をどう見るか
3.浮き彫りになった対抗軸
4.特殊大阪的現象か
5.大阪のこれからを展望して

第2章 大阪戦略調整会議は「二重行政」解消の役に立つか・・・・・・・・ 梶哲教

1.大阪戦略調整会議(大阪会議)の概要
2.課題としての「二重行政」解消とは
3.指定都市都道府県調整会議と大阪会議

第3章 都市内分権・市民参加と総合区・・・・・・・・・・・・・・・・・ 森裕之

1.大都市における市民参加
2.総合区
3.大都市における都市内分権の先進例 ニューヨーク市のコミュニティ委員会
4.充実した都市内自治のために

第4章大阪府財政の現状と今後の方向性一・・・・・・・・・・・・・・・・ 高山新

1.これまでの財政改革
2.財政改革の帰結
3.これまでの財政再建策の検討
4.市町村との協働と財政の効率性

第5章カジノで大阪経済は再生できるか・・・・・・・・・・・・・・・・ 桜田照雄

1.橋下市長・松井知事の大阪経済再生プラン
2.飽和する商業施設
3.カジノは儲かるビジネスなのか
4.社会的費用を考慮した大阪経済再生プランを

第6章大阪都構想後の課題 一点共闘から凝たな自治体建設へ・・・・・・・・中山徹

1.大阪都構想とは何であったのか
2.民主主義が問われた住民投粟
3.憲法改正と連動した大阪都構想
4.一点共闘を持続的な共同に発展させよう
5.新たな自治体の具体的な政策

 秋のダブル選挙には、これまでの維新政治の総括と対案を織り込んだこのブックレットで大いに学び、奮闘しようではありませんか。

 税込1000円で発売していますので、ぜひご購入をお願いいたします。

>>申込書ダウンロードはこちら

プリンタ用画面
前
企業誘致の闇 -住民訴訟6年- 大阪・堺市のシャープ誘致にみる問題点の分析と提言 [2015.10.19]
カテゴリートップ
書籍・研究年報
次
宮本憲一 著 『自治・平和・環境』 [2015.8.4]

コンテンツ
大阪自治体問題研究所

一般社団法人
大阪自治体問題研究所

〒530-0041
大阪市北区天神橋
1-13-15
大阪グリーン会館5F

TEL 06-6354-7220
FAX 06-6354-7228

入会のお誘い

あなたも研究所の会員になりませんか

詳しくは、入会のお誘いをご覧ください。

「案内リーフレット兼入会申込書」(PDF)

機関誌

「おおさかの住民と自治」

おおさかの住民と自治
書籍紹介

リニア中央新幹線に未来はあるか

>>詳細

公共施設の再編を問う

>>詳細

企業誘致の闇

>>詳細

2015秋から 大阪の都市政策を問う

>>詳細

『自治・平和・環境』

>>詳細

「雇用・くらし・教育再生の道―大阪都構想・カジノからの転換」

>>詳細

「橋下さん!市民の財産を売りとばすんですか―大阪の水・地下鉄・病院のあり方を 考える」

>>詳細