出版物  >  書籍・研究年報  >  『「大阪都構想」を越えて』−問われる日本の民主主義と地方自治−

(社)大阪自治体問題研究所企画の地方ジャーナルブックレット(公人の友社発行・No.55)
『「大阪都構想」を越えて』−問われる日本の民主主義と地方自治−が発刊されました。

本書は2011年2月11日大阪市北区天満橋OMMビル2階会議場で開催された「東西の学者が語り合う2.11シンポジウム『大阪都構想』を越えて」での発言記録を整理し一部補筆したものです。
これからの大阪府政・市政・衛星都市を含む都市自治のあり方を学ぶ貴重な一冊として是非、お買い求めください。

≪目次≫
地方自治制度改革と大阪都構想・・・・・・・・・宮本憲一
混迷に輪をかける「大阪都」構想・・・・・・・・加茂利男
東京から見る「大阪都」問題・・・・・・・・・・柴田徳衛
「大阪都」構想のモデルにならない都区制度・・・大森 彌
大都市制度と「大阪都」構想・・・・・・・・・・木村 收
「大阪都」構想と自治体財政・・・・・・・・・・森 裕之
●最後の発言
大阪市制度を議論するための五つの論点・・・・・重森 暁
閉会あいさつ・・・・・・・・・・・・・・・・・鶴田廣巳

■定価:本体1,200円+税  ■研究所会員は1割引で提供します。

プリンタ用画面
前
緊急書き下ろし出版 『原発になお地域の未来を託せるか』
カテゴリートップ
書籍・研究年報
次
緊急出版!『「大阪維新」改革を問う』 大好評発売中。

コンテンツ
大阪自治体問題研究所

一般社団法人
大阪自治体問題研究所

〒530-0041
大阪市北区天神橋
1-13-15
大阪グリーン会館5F

TEL 06-6354-7220
FAX 06-6354-7228

入会のお誘い

あなたも研究所の会員になりませんか

詳しくは、入会のお誘いをご覧ください。

「案内リーフレット兼入会申込書」(PDF)

機関誌

「おおさかの住民と自治」

おおさかの住民と自治
書籍紹介

初歩からわかる「総合区・特別区・合区」

>>詳細

地方自治の再発見 不安と混迷の時代に

>>詳細

新しい国保のしくみと財政

>>詳細

これでもやるの?大阪カジノ万博

>>詳細

人口減少と公共施設の展望

>>詳細

リニア中央新幹線に未来はあるか

>>詳細

公共施設の再編を問う

>>詳細

企業誘致の闇

>>詳細

2015秋から 大阪の都市政策を問う

>>詳細

『自治・平和・環境』

>>詳細

「雇用・くらし・教育再生の道―大阪都構想・カジノからの転換」

>>詳細

「橋下さん!市民の財産を売りとばすんですか―大阪の水・地下鉄・病院のあり方を 考える」

>>詳細